【シングル】コロンビア・ブエナ・ビスタ

アプリコットやオレンジを思わせる風味。とろりとした舌ざわりと広がる余韻。

 

トリマ県に位置する農園は、標高1800-2000mの高地にあり、昼夜の寒暖の差によりコーヒー豆がゆっくり熟すことで風味豊かで奥

行きのある複雑な味わいになります。

ブエナビスタ農園は、コロンビア中西部にあるトリマ県の南部、ガイタニアという街にあり、2009年にアストリッドさんがお父さん

より受け継ぎました。

農園はアストリッドさんとご主人のラウルさんをはじめ、親族が中心となり運営しています。

ブエナビスタ農園は標高約2,000mほどにあり、面積は15haほどです。

アストリッドさんは、1977年生まれで2人のお子さんのお母さんでもあり、家事や育児をしながら毎日農園の監督、管理を行っていま

す。

収穫期には、ピッカー(コーヒーチェリーを収穫する人)によって集められたチェリーを完熟のみになるよう、ラウルさんが細心の

注意を払い、品質管理を行っています。

生産工程に関わる人が、一人でも適切でないことをすれば全ての人に影響を及ぼしますが、農園で働く人々、ピッカー、農園のマネ

ージャー、オーナー、全員が理解し合うことで、同じ言葉を話し、同じ目的を持ち、その目的を達成することができるとアストリッ

ドさんは考えています。

ブエナビスタ農園は2015年にコロンビアCOEにて見事優勝しています。

コロンビアは赤道直下に位置するため年に2回(通常、北半球と南半球の場合年に1回)収穫時期があります。

同農園では、コロンビア、カトゥーラ、カスティージョに加え、2020-2021年の収穫期からはゲイシャ種の生産も始まりました。

生産国  :コロンビア
農園  :ブエナ・ビスタ農園
農園主  :アストリッド・メディナ・ペレイラ
地区  :トリマ県 プラナダス ガイタニア サン・ミゲル
標高  :1,816~2,000m
品種  :カトゥーラ、カスティージョ
生産処理  :ウォッシュト、パラボラ式乾燥テント
焙煎度合い  :中煎り

この農園のある地域は内戦の影響を強く受けた地域であるため、コーヒービジネスに大きく出遅れてしまっていました。

幸いなことに、トリマには美味しいコーヒーができるのに良い条件が整っています。

もともと美味しいコーヒーをつくる農園がたくさんあったのです。

ただ、注目されていなかっただけ。

いま、ブエナビスタ農園がチャンピオンになったことで、世界中から注目される地域になりました。

アストリッドさんは、この好機を活かすために地域の生産者と協力しながら精力的にコーヒーの品質のさらなる向上に取り組んでい

ます。

635
  • 新着商品
  • お勧め商品
商品番号:635

コロンビア・ブエナ・ビスタ

豆or粉
在庫状態:在庫有り
¥1,566(税込)
只今お取扱い出来ません
数量
  • レビュー( 0 )

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。