【16周年セット】アニバーサリーブレンド200g+コスタリカ・シン・リミテス

229
  • 新着商品
  • お勧め商品
商品番号:229

【16周年セット】アニバーサリーブレンド200g+コスタリカ・シン・リミテス

豆or粉
在庫状態:在庫有り
¥2,800 ¥2,500(税別)
只今お取扱い出来ません
数量
  • レビュー( 0 )

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。

アニバーサリーブレンド200g + コスタリカ・シン・リミテス200g

¥2,800→2,500

 

 

<内容>

コスタリカ・シン・リミテス

コスタリカの首都サン・ホセより、ニカラグア国境に向けて30km北西に進んだ先にある、

ウエストバリー地区ナランホという町にシン・リミテス・マイクロミルがあります。

Sin=無い、Limites=限界…シン・リミテスは限界がないという意味です。

オーナーのハイメさんは「毎年高品質のコーヒーを届けてくださる」数少ない生産者のお一人です。

まるで「芸術家」と言っても過言ではないほど、大変丁寧にコーヒーを扱い、

卓越した生産処理技術と、コーヒーにかける「熱い想い」が、それを可能にしています。

 

ハイメさんは昔、ストリートチルドレンだったそうです。

父親から厳しい家庭内暴力を受けて育ち、家を出てしまった。奥さんの

マリベルさんと出会って やっと過去から抜け出せたそうです。

当初、我々とお会いした時も ちょっとよそよそしく難しい感じの方に

見えました。現在では何度も顔を合わせているので柔らかく我々とも接して

頂いております。初めて会った時の写真、よく見るとハイメさん僕の

肩に手が触れてない!(笑)まだこのころの微妙な関係が見て取れる

一枚です!

コスタリカの首都サンホセから北西に30キロにあるこの農園は標高が高く、昼と夜の寒暖差が激しいことから、コーヒーチェリーが引き締まり、きれいな水にも恵まれている自然環境のため、素晴らしいコーヒーを生み出します。

 

シンリミテス農園のハイメさんは根っからの職人で細かい仕事をきちんとやってくれます。丹精込めた丁寧な仕事の一つ一つが、柔らかな甘みをもつ素晴らしいコーヒーを作り出しているのです。
ハイメさんはとても丁寧にコーヒーを生産します。品種はヴィジャサルチ種、果肉を剥いた後パーチメントについているミュシレージ(甘い粘液質)を残したまま乾燥させる製法で作られています。

コスタリカのコーヒー豆生産者の多くは、地域の大規模生産処理場(メガミル)に一括ですべて卸販売しています。安定した収入が保証されるかわりに他の生産者のコーヒー豆と一緒になり、生産者の名前も匿名となるため、頑張っても頑張らなくても皆同じ収入になっていました。

シンリミテス農園でも2005年まで地域のメガミルに卸していましたが、今後、付加価値を付けて売るためには、自分たちで処理するしかないと考え、売り先も自分たちで見つけなければならないというリスクを負って他の農園主と共同で小規模生産処理場(マイクロミル)をつくり、自分たちで生産処理を始めました。

このように、きちんとした仕事や新しいことへの挑戦の結果、素晴らしいコーヒーが次々と生まれ、2008年には、コーヒー豆の国際品評会であるカップオブエクセレンス(COE)というコンテストで2位を獲得するまでになりました。

訪問した時に、パティオでの乾燥処理をやらせてもらった時の画像です。

へっぴり腰ですね...

 

*ハニープロセスとは、コーヒー豆の周りについている「ムスラージ」と呼ばれる粘液質
(糖分を含み、甘い) を一定の割合つけたまま乾燥をさせる生産処理方法です。
粘液質を取り除く割合(あるいは全く取り除かない)によって、味に違いが生まれています。
レッド・ハニーはイエロー・ハニーよりも多く粘液質を残します。
除去率をどの割合にするのか決定するにも、豊かな経験と高い技術が必要となります。

 

マスカットやグレープを思わせる風味、口にふくんんだ時の印象がさわやかなものから甘さへと変化していきます。

 

小規模生産処理場(マイクロミル)

シン・リミテス・マイクロミル

マイクロミルの標高 1,600m
農園 エマヌエル
オーナー/生産者

ホセ・ハイメ・カルデナス マイベル・バランテス (ご夫妻)

 

地域

ウエストバリー地区 ナランホ ラウルデス

 

生産処理

*イエロー・ハニー

標高

1,600m

農園面積

3ヘクタール

コーヒー栽培面積

 2.5ヘクタール

当該ロットの品種

ヴィジャサルチ

<16thアニバーサリーブレンド>

ダークチェリー、ビターキャラメルを思わせる風味、なめらかな口当たり。深煎りですが、花を感じさせる風味もあります。

 

2002年4月30日にゴー!ゴー!は開店しました。おかげさまで16年!

16周年を記念してのブレンドです。

ダークチェリー、ビターキャラメルを思わせる風味、なめらかな口当たり。深煎りですが、花を感じさせる風味もあります。

やや深煎りでコクとまろやかさが特徴です。エチオピア、ペルー、グアテマラ、ブラジルが配合されてます。

今までの季節のブレンドとは少し、趣を変えました。

がつんとくる深煎りのブレンドというより、あまり深煎りを感じさせない

ブレンドになっています。

そして華やかさもあります。

その華やかさはエチオピアで演出しました。