【2018夏セット】2017ブラジル・パルプトナチュラルCOE1位受賞豆50g+ラグーンカフェ200g

254
  • 新着商品
商品番号:254

【2018夏セット】2017ブラジル・パルプトナチュラルCOE1位受賞豆50g+ラグーンカフェ200g

豆or粉
在庫状態:在庫有り
¥3,100 ¥2,700(税別)
只今お取扱い出来ません
数量
  • レビュー( 0 )

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。

 

2017年のカップオブエクセレンスブラジルで1位受賞した、ボンジャルディン農園50gラグーン

カフェ200gの黄金セット!

<内容>

ブラジル・ボンジャルディン2017カップオブエクセレンス1位受賞豆

ピーチ、アップルを思わせる風味。花のような上品で奥行きのある味わい。

後味の甘さの余韻が長く心地よく続きます。

ブラジルでカップオブエクセレンスの1位受賞ということは文字通り世界一のコーヒーといって

もいいかもしれません!気品漂う風味は圧巻です。

 

この農園の農園主のガブリエル・アルヴェス・ヌネス さんは、現在で第3世代です。
今回このガブリエルさんの農園である、ボンジャルディン農園がカップオブエクセレンスの審査
で92.33点という非常に高い点数で品評会で優勝しました!(99点満点)。
ヌネス家では、元来家畜を飼育していました。
ヌエス家と農園の歴史もまた、ガブリエルさんで3代目です。
初代のオーナーでガブリエルさんのお祖父さんにあたるオスマー・ペレイラ・ヌネスさんは、こ
の地域で最も価値のあるもの(コーヒー)が栽培されているとは想像もせず、長年牛の世話をし
ていました。
2代目のオーナーでガブリエルさんのお父さんであり、「ジュニーニョ」という愛称を持つオス
マー・ジュニアさんが、1984年11月24日に10ヘクタールの土地にコーヒーを植えました。
オスマー・ジュニアさんのコーヒー栽培の歴史は、お父さんが世話をする牛たちとともに始ま
り、コーヒー栽培への情熱が次第に強くなっていきました。
ジュニーニョさんは、コーヒー栽培に従事した30年以上の経験において、「農園に到着した際
に、コーヒーの花が開花した香りを嗅いだときほど、生産者としての充実感は他にありません」
と仰っています。
現在のオーナーであるガブリエルさんは農学者です。彼の知識を用いて、お父様の代から始まり
家族経営だったコーヒービジネスに商業的な視点をもたらしました。
ガブリエルさん親子は、自分たちの地域の全てのコーヒー生産者が上手くいくことによりこの地
域のコーヒーの価値がより上がると考えているため、他の生産者に対して自分たちの知識を隠す
ことはありません。周囲の生産者も共に成功することを願っているため、知識の共有を惜しみま
せん。
ボン・ジャルディン農園は、理想的な標高、収穫時期の降雨量の少なさ、コーヒー栽培に適した
特権的な地域にあり、その結果高品質コーヒーの生産ができているとガブリエルさんは考えてい
ます。
近年はアフリカンベッドの設置、乾燥用パティオの改修、新しい発酵槽の設置、農園で働くワー
カーたちへのトレーニング、生産処理方法の指導など、設備投資や農園や生産処理場で働く人々
への指導にも力を入れています。
地域:ミナス・ジェライス州 セハード・ミネイロ パトロシニオ
生産者:ガブリエル・アルヴェス・ヌネス
農園:ボン・ジャルディン
標高:930~950m
農園面積:約44ha
コーヒー栽培面積:約22ha
品種:イエローブルボン
生産処理:パルプトナチュラル / アフリカンベッドでの乾燥

COE(カップオブエクセレンス)とは?

  • カップオブエクセレンスは、その年に収穫されたコーヒーの中から最高の品質、味のものに与えられる称号で、各国でコンテストが開催されています。国際審査員の厳格なカップテストにより評価されたものです。もちろん、とても評価されていることから、とても希少なものです。

審査員として選ばれ毎回緊張しています。農園の方々の今後の生活を変えるかもしれないと思う

と毎日、真剣にカッピングして審査しています。

 

カップオブエクセレンスの国際審査委員として、ブラジルに出張した際の写真です。

カップ・オブ・エクセレンスは年に一度、各生産国で行われるコーヒー品評会のことです。

さまざまな審査による国内予選を通過したコーヒー豆を、最終的に各国から招聘された国際審査

員がカッピングにより選考します。僕が参加したことがあるのは、この国際審査の段階での審査

です。

これにより85点以上と評価された豆が、その年のカップ・オブ・エクセレンスの称号を獲得。

まさに、「最高中の最高のコーヒー豆(トップ・オブ・トップ)」として、世界中から注目を浴びる

のです。

この品評会がユニークなのは、選出された豆がインターネットオークションで販売されるとこ

ろ。

現在では、ニカラグア、エルサルバドル、コスタリカ、メキシコなど10カ国ほどの生産地で開催

されています。

ホットでも冷たくしてもおいしい、万能型ブレンド ラグーンカフェ。

ダークチョコやカカオを思わせる風味と、厚みのある舌触りの深煎りです。

使用している豆は、コロンビア、エルサルバドル、ブラジル。

コロンビアとブラジルはこのブレンド用に焙煎されたもので、シングルオリジンでは販売してお

りません。

ストロングタイプの深煎りですが、非常にまろやかで豊かなコクが特徴的です。

このブレンドは2002年の開店以来 夏になると販売していて毎年夏になると一番売れるコーヒー

になっています。

口いっぱいにダークチョコやカカオを思わせる風味が広がり、後味もキャラメルのような甘さが

広がります。

ホットコーヒーでももちろん美味しく飲んでいただけますが、このブレンドを水出しで作っても

大変美味しく飲んでいただけます。

 

ラグーンカフェを飲んで暑い夏も上手く乗り切ってください!

ビターチョコやカカオを思わせる風味と、厚みのある舌触りの深煎りです