ケニア・ルアライ

 フローラル、カシスやアセロラを思わせる風味。

爽やかな印象。

               

ケニアでは小規模生産者が多く、「ファクトリー」と呼ばれる生産処理場にコーヒーチェリーを納め、多数の小規模生産者のコーヒ

ーからひとつのロットが作られることが一般的ですが、今回ご紹介するこちらのロットは単一農園のコーヒーです

 

ケニアでは、「エステート」と言われる「農園」のものより、1,000人単位でメンバーを抱える

「コーペラティブ(生産者組合)(生産者組合は、いくつかのファクトリーで構成させていることが多い)」

の方が良いコーヒーを作っていると従来言われてきました。そして、実際そうでした。

しかし、ここ数年で少しずつ状況が変わってきています。

コーペラティブから独立した個人が、独自の小さな生産処理場を持つことが増えてきました。

今回ご紹介するこちらのルアライ農園もそのひとつです。

 

生産者組合ですと理事メンバーが変わると品質への方針などが変わるリスクがあり、

設備投資のお手伝いをしても「前の人たちが決めたことは知らない」ということも起きます。

しかし、独立オーナーたちは自身で全責任を負い、長期にわたる展望を共有し、

共に前に進むことができるため安心してお付き合いができます。

 

 

-+-+-+-+-+-+-+-

品種・・・SL28、SL34、ルイル11、バチアン
標高・・・1,600~1,800m
エリア・・・ニエリ地区、ガキンドゥ

 

639
  • 新着商品
  • お勧め商品
商品番号:639

【200g】ケニア・ルアライ

豆or粉
在庫状態:在庫有り
¥1,782(税込)
只今お取扱い出来ません
数量
  • レビュー( 0 )

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。