コスタリカ・ロス・アンヘレス

アップルやチェリー思わせる風味、シロップのような舌触り。

 

首都サン・ホセより、南西に約50kmにあるタラス地区に「ロス・アンヘレス」(小規模生産処理場)があります。

タラスは素晴らしいコーヒーが生産される地区としてとても有名で山間の標高の高さからくる、酸の質や複雑

な味わいが注目されています。また、カップ・オブ・エクセレンスの入賞農園も多数見受けられます。

この地域には、太平洋からの強い風がドータ渓谷に吹き込むことから、複雑なマイクロクライメイト(局所気候)を形成しています。

この気候が心地よい酸味を持つ複雑な味わいを作り上げています。

ラ・リアマイクロミルは、オーナーのルイスさんと弟のオスカーさんで経営する家族経営のマイクロミルです。

祖母の代からコーヒー栽培をしていましたが、以前はメガミルと呼ばれる大規模生産処理場にチェリーを持込み、買い取ってもらっていました。

しかし、ルイスさんは、メガミルにチェリーを納めていては品質の向上をさせることは難しく、またその収入で家族を養い、子どもたちを学

校に通わせることも難しいとわかっていました。

そこでアメリカに出稼ぎに行き、2007年に自分たちで栽培したコーヒーチェリーを自分たちで生産処理するために、マイクロミルを設立しま

した。

ルイスさんは「品質を保つために毎年やることは同じかもしれないが、開花のタイミングが違えば、すべての生産過程が変わってくるので、

結果、毎年少しずつ違うことを行っていると思う。」とおっしゃっています。

ルイスさんは、豊かな経験と高い技術と知識、そして何より努力と情熱により、安定的に高品質コーヒーを生産する数少ない生産者のおひと

りです。複数回に渡り、コスタリカ・カップ・オブ・エクセレンスでも上位入賞経験があります。

そして毎年開催されるSCAJのために日本にも良く足を運んでくれています。

同マイクロミルでは、複数の農園を所有しており、品種と農園のマッチング、独自の施肥プログラムの構築、生産処理の追求など、品質の向

上のために歩みを止めることなく努力を続け、常に進化を続けています。

今回ご紹介するコーヒーは、ドラゴン農園で栽培されたものです。

ドラゴンの名前は、タラス地区にあるドラゴンマウンテンに由来します。農園はドラゴンマウンテンの尾根にあり、太平洋からの風が新鮮で

清潔な空気を運び、コーヒー栽培に良い影響を与えています。

国名:コスタリカ共和国
地域:タラス,ラ・レグア・デ・アセリ,パリティジャ
マイクロミル:ラ・リア
生産者:ルイス・アルベルト・モンヘ・ウレニャ,オスカー・アドルフォ・モンヘ・ウレニャ
農園:エル・ドラゴン
標高:1,600m
農園面積:10ha
コーヒー栽培面積:9ha
品種:カトゥーラ
生産処理:ホワイトハニー / パティオでの天日乾燥
収穫時期:12月~4月

 

コスタリカのコーヒー豆生産者の多くは、地域の大規模生産処理場(メガミル)に一括ですべて卸販売しています。

安定した収入が保証されるかわりに他の生産者のコーヒー豆と一緒になり、生産者の名前も匿名となるため、頑張

っても頑張らなくても皆同じ収入になっていました。

今回ご紹介する、ラ・リア マイクロミルでは、複数の農園を所有しており、品種と農園のマッチング、独自の施肥

プログラムの構築、生産処理の追求など、品質の向上のために歩みを止めることなく努力を続け、常に進化を続

けています。

 

2008年にコーヒー生産200年を迎えたコスタリカ。

栽培は、タラスやウエストバリーなど、標高の高い山岳地帯で行われています。

ロットの小さい小規模農園が多く、かつては書く農園で収穫したコーヒーチェリーが地区ごとの集荷場に集められて一括処理。

生産者の顔が見えないコーヒーが市場に出回っていました。

しかしここ数年、各農園がいくつか集まって各自で処理する「マイクロミル(小さな生産処理場」が増加。

生産者ごとに豆の個性が発揮されるようになってきました。

現在では150を超えるマイクロミルが存在し、クオリティーの高い豆を作る農園も多数出てきています。

292
  • 新着商品
  • お勧め商品
商品番号:292

コスタリカ・ラ・リア ドラゴン

豆or粉
在庫状態:在庫有り
¥1,400(税別)
只今お取扱い出来ません
数量
  • レビュー( 0 )

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。