ボリビア・ラ・リンダ

オレンジやカシスを思わせる風味、ブラウンシュガーのような甘さ。

ラ・リンダ農園は亜熱帯気候、肥沃な土地、森林に覆われた2つの山の間という特別なロケーションに恵まれた、コーヒーづくりに

理想的な場所です。

「すてきなもの、美しいもの」という意味のラ・リンダという名前は、この農園に植えられ、美しく育った最初のジャバ種の苗床に

由来しています。

また、オーナーのペドロさんがある朝この農園で朝食をとっていた時、コーヒーを飲みながら目の前に広がる景色を眺めて「なんて

美しい景色だろう」という気持ちでいっぱいになったことにも由来しています。

 

2014年に訪問した時は、オーナーのペドロさんに大変お世話になりました。ご自身で焼いて出してくれたステーキの美味し

さは今でも忘れられません。

今回のロットは、カラナビ地区のラ・リンダという名前の農園のご紹介です。

 

 

 

コーヒーの木は、定植してから3年経つと本格的な収穫ができるようになります。

 

自然そのままの山の斜面を切り拓くところからはじまりましたが、ピッカーの方々の手が足らず教育を進めなければならな

い課題も抱えております。

 

ボリビアでは元々、鉱山で働いていた人々が集団居住を行い、「コロニー」というコミュ二ティ(村の様なもの)を作って

生活しており、これらの人々に土地が与えられコーヒー栽培が伝わり、ボリビアでのコーヒー栽培が盛んになりました。

その多くは大変小規模で家族単位で農園を営んでいます。

タイピプラヤも、こうしたコロニーのひとつです。

タイピプラヤはカラナビから14kmほどの距離にあり、13年ほど前からコーヒーが栽培されるようになりました。

主な栽培品種はカトゥーラとカトゥアイで、収穫は手摘みで行われています。

 

このような歴史的背景から、「管理、手入れをしてコーヒーを栽培する」というよりは「コーヒーの実がなったから収穫し

に行こう」という様な感覚のもと、、コーヒーを栽培しています。

 

そのため、農家の方たちは原生林の中で何もせずにコーヒー栽培をしている所が多いため、収量が落ち、生産性が悪くなっ

ており、現在ボリビアではコーヒー栽培からコカ栽培に転じる生産者が多く、これまで多くのコーヒーが生産されてきたコ

ロイコのとある地域では5年前の収量の1%にも満たないところまで激減しているそうです。

 

それには、現在の政府がコカイン原料としてのコカの栽培に厳格ではないため、コロイコやカラナビではコカ栽培がどんど

ん盛んになっており、正直なところ生産者にとってはコーヒー栽培よりコカ栽培の方がお金になりますし、コーヒーの収穫

は年に一度ですが、コカは数回収穫があり単価も高い。

 

このことからコーヒーからコカへの転作は増え続けています。

 

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

生産国:ボリビア多民族国
地域:ラ・パス カラナビ
農園:ラ・リンダ
農園オーナー:ペドロ・ロドリゲス・ペニャリエータ
標高:1,405-1,465m
品種:カトゥーラ
生産処理:ウォッシュト(発酵:41時間)/ 機械乾燥(乾燥時間:43時間)
農園面積:10.5ha(コーヒー栽培面積:5.5ha)
収穫時期:9~10月

643
  • 新着商品
商品番号:643

ボリビア・ラ・リンダ

豆or粉
在庫状態:在庫有り
¥1,674(税込)
只今お取扱い出来ません
数量
  • レビュー( 0 )

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。