ケニア・ニエリヒル

オーナー片岡が1月にケニア訪問して確かめてきたコーヒー豆。 カシスやパイン、アプリコットを思わせる風味いきいきとした甘い重厚な酸を感じることができます。

2017年1月12日訪問

ケニアでは小規模生産者が多く、「ファクトリー」と呼ばれる生産処理場にコーヒーチェリーを納め多数の小規模生産者のコーヒーからひとつのロットが作られることが一般的ですが今回ご紹介するこちら。ニエリ・ヒル農園はケニア山の山麓にあり、ニエリ地区の中でも最も高い場所に位置する農園のひとつです。

ケニアで単一農園のコーヒーは大変珍しい事です。

ナイロビから160キロぐらいに位置している農園。
カトリック教会の持物で総面積3,250ヘクタール。
1604
年にが病院として始めたのが始まり。
コーヒーは1914年から栽培がスタート。
敷地内には23の公共施設があります。(学校や病院、教会など)
酪農、フルーツ、コーヒー、お茶(2,300m以上)を営んでいる。
説明を受けた場所が1,800mでコーヒー農園は同じエリアに広がっていた。

マネージャーはムシュクさん。


品種はSL2878%
他はルイル14%、バティアン8%


5
年に一度カットバックする。
1
回目の収穫、1011月に降雨があり開花し68月に収穫。
2回目の収穫、45月に開花し1011月に収穫。

ケニア共和国

地域

ニエリ県 ニエリ

農園 ニエリ・ヒル
標高 1800~2200m
農園面積 1415ha
品種

SL 34SL 28生産処理:水洗式 / アフリカンベッドでの乾燥

収穫時期 10~11月
202
  • お勧め商品
商品番号:202

【200g】ケニア・ニエリヒル

豆or粉
在庫状態:在庫有り
¥1,600(税別)
只今お取扱い出来ません
数量
  • レビュー( 0 )

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。