【中南米3種】コスタリカ ブラジル グアテマラ各200g

505
  • お勧め商品
商品番号:505

【中南米3種セット】コスタリカ ブラジル グアテマラ各200g

豆or粉
在庫状態:在庫有り
¥4,000 ¥3,500(税別)
只今お取扱い出来ません
数量
  • レビュー( 0 )

ログインしてレビューを書く事ができます。

ログインする

お客様のレビューをお待ちしています。

中南米の銘柄の3種類セットです。4,000円の商品を3,500円でお楽しみ頂けます。

 

コスタリカ・ラ・リア(シングル/200g)(→単品購入はこちら)

アップルやチェリー思わせる風味、黒糖のような後味の甘さが特徴です。

小規模生産処理場(マイクロミル)

ラ・リア

マイクロミルの標高 1,600m
農園 ドラゴン農園
オーナー/生産者

ルイス・アルベルト・モンヘ・ウレニャ,オスカー・アドルフォ・モンヘ・ウレニャ

地域

タラス,

小地区

ラ・レグア・デ・アセリ,パリティジャ

標高

1,600m

農園面積

10ヘクタール

コーヒー栽培面積

 9ヘクタール

当該ロットの品種

ヴィジャサルチ

アーモンドやミルクチョコ思わせる風味と、ナッツのような風味が特徴です。
ゆっくりトロリとした質感が、後味に心地よく広がります。

農園|サマンバイア
生産者|エンリケ・ジアス・カンブライア
標高|950~ 1,200m
品種|イエローカトゥアイ
生産処理|ナチュラル パティオでの乾燥後、機械乾燥
収穫時期|6月から8月
農園面積|130ヘクタール

<グアテマラ・エル・プルテ>

このエル・プルテ農園は、グアテマラシティより南に約20kの比較的街に近く、

アクア火山を望みグアテマラシティが眼下に見える素晴らしい場所に在ります。

オーナーのパブロさんは、この土地で生まれグアテマラシティで育ちました。

この土地は、祖父母が住んでいた土地で母より譲り受け、22年前(1989年)に

コーヒー栽培を始める事を決め、グアテマラシティからこの地に戻ってきました。

2007年からは自分のウェットミル(生産処理場)を始め、生産処理の際にでる果皮や虫を使用した堆肥づくりを行っています。

農園では家族で住込み働く人達や、収穫の際には(ピッカーなど)、10時間程離れた村から農園に来て生産処理場の敷地内にある長屋で10家族(親と子どもが一緒に来て生活している)、50人程が住込み共同生活を行います。彼らは農園での仕事が終わると、それぞれ自分たちの村へ戻るそうです。

2013年3月に訪問した時は、中米でさび病が猛威をふるっており、エル・プルテ農園も

被害を受けておりました。

このエリアでしか食べられないというフルーツ、ピッターヤをごちそうになりました。

日本でいうところのスターフルーツのようなものかな?

これがとてもおいしかった!甘くてすっきり!

 

最後に、ゴー!ゴー!で販売している、エル・プルテを

プレゼントしたら思いのほか喜んでいただいた!

もってきて良かった。こちらも嬉しくなりました!

まんなかの方は奥様。大変仲の良いご夫婦。

 

 

 

エル・プルテ農園の深煎りコーヒーをぜひお楽しみください!

農園名: エル・プルテ/El Pulte

農園主:ファン・パブロ・サンサヘロ/Juan Pablo Sanzagero

県:グアテマラ/Guatemala

市/地区:フライハーネス市/Fraijanes パレンシア地区/Palencia

品種: 主にカトゥアイ、ブルボンも少量栽培

標高:平均1,800m

生産処理方法:フリィ・ウォッシュト/Fully Washed